アパート経営の新思潮|アパート経営をする前に失敗の事例を見よう|成功への手がかり
ウーマン

アパート経営をする前に失敗の事例を見よう|成功への手がかり

アパート経営の新思潮

紙幣

所有者は運営にノータッチ

企業等が福利厚生の一環として社員寮を設置する際に、よく用いられるのが一括借り上げという手法です。一括借り上げとは、土地所有者に特定の目的に沿った建物を建ててもらい、それをそっくり借り上げて管理・運営することをいいます。土地所有者にしてみれば物件さえ提供すれば後は何もしなくても月々賃料が入ってきますし、利用者側は不動産取得という財政負担をせずに建物が利用できるというメリットがあります。この一括借り上げシステムですが、最近では賃貸住宅の世界においても普及が進んでいます。すなわちオーナーが自らの土地に建てたアパート等を不動産管理会社が借り上げ、運用するというものです。オーナーにとっては、先に述べたのと同様のメリットが享受できます。

入居者確保の苦労を解消

一括借り上げによる賃貸経営は、転貸制度を下敷きとしています。つまり不動産管理会社はオーナーに対して毎月賃料を支払うとともに、個々の入居者に住戸を転貸して家賃を徴収します。この差額が管理会社の収入となる仕組みです。一括借り上げ制度は、オーナーにとって非常にメリットの高いシステムとなっています。転貸を前提とする以上、入居者の確保は不動産管理会社が自らの責任において行います。つまりオーナーは通常の賃貸経営と異なり、入居率の変動に一喜一憂する必要がないのです。管理会社がオーナーに対して支払う賃料は管理会社ごとにことなりますが、おおむね満室家賃の80〜90%です。仲介業者に借り手探しを依頼しなくても、オーナーには毎月一定の収入が保証されるのです。